So-net無料ブログ作成
現在リンク先の写真共有サイト「フォト蔵」の不具合が解消されず
長いこと表示されない、閲覧できない写真が存在する現象が続いております。
せっかくお立ち寄り頂きましたのに申し訳ございません。
復旧まで温かく見守って下さると嬉しいです。
=====*=====*=====*=====*=====*=====*=====*=====*=====

すみだ北斎美術館と北斎茶房の和パフェ [パフェ]

2016年11月、東京の下町墨田区にオープンした「すみだ北斎美術館」。
噂には聞いていた新しい美術館。
それよりもっと以前からある人気の和カフェ「北斎茶房」が気になっていた。
TVではちょっとディスられているエリア錦糸町にこんな美味しい和カフェがあるなんて!

北斎茶房の外観
北斎茶房の外観

あまり何もないところに、突然和カフェが現れる。お隣もカフェのようだ。

桜の季節もそろそろ終わり。数ある美味しそうな和のスイーツを前に悩むが、
桜スイーツもそろそろ終わるというタイミングで「春ぱふぇ」をチョイスした。

春ぱふぇ さくらあいす
春ぱふぇ さくらあいす

桜のアイスをはじめ、桜尽くしの春パフェです。
和テイストの店内にほんのりピンク色の和パフェが良い感じでマッチします。

ちゃぶ台のある和カフェの風景
ちゃぶ台のある和カフェの風景

お店は古い和菓子屋さんをきれいにリノベーションした様な、意外と明るくて広い。
カウンター席、テーブル席の他に低いテーブルと渋い色合いの低いソファー席があり
その奥には小上りにちゃぶ台のある個室まで完備。なかなかできるお店です。

平日の仕事帰り、店内は空いていたので奥のソファー席に陣取った。

春ぱふぇ

なかなかいい色合いです。なんといっても生クリームの代わりにあんこです!

春ぱふぇ断面図
春ぱふぇ断面図

解説しよう!トッピングは桜の花びらの塩漬け。続いて桜アイス、抹茶アイス、
最中の皮を砕いたもの、あんこ、求肥、寒天、桜アイスです。

ポイントは、食感のアクセントに入っている最中の皮でしょうか?
パリッと感も残っていていい感じです。初めて食べたかも。
そして何よりあんこ!この存在感は他の追随を許しません!圧倒的な甘さです。
求肥や寒天のプニュっと感もたまりません。

桜色も桜の香りも感じられる春らしいパフェでした。いつまでかな?もう無いかな?
北斎茶房を尋ねたことで、俄然すみだ北斎美術館なるものに興味がわいた。
別の日に行ってみようと両国の駅からてくてく歩いていきました。

北斎とは、富嶽三十六景で有名な浮世絵師、葛飾北斎。有名過ぎて解説不要?
葛飾北斎は人生で93回も転居する引っ越しマニア。
でも生誕はここ、武蔵国葛飾郡本所割下、今の墨田区。ゆえにここに美術館がある。
近所の小さな公園といった感じの場所に隣接していて、ちょっと違和感がある建物。

すみだ北斎美術館
すみだ北斎美術館

オープンからまだ半年経っていない。
特別展が北斎と旅する東海道五十三次「てくてく東海道」だったので観て参りました。

てくてく東海道ポスター
てくてく東海道ポスター

江戸後期、葛飾北斎と人気を二分していたのが歌川広重。
その歌川広重といえば東海道五十三次のシリーズが有名ですが、実は・・・
北斎は広重より30年も早く東海道シリーズを描いていた!そうなんです。
その初摺の53枚を集めて一挙に大公開!地味だけどなんか凄いです。

北斎の東海道五十三次(袋井)
北斎の東海道五十三次(袋井)

お江戸日本橋から始まり、最初の宿場町「品川宿」、最後の京都に至るまでを
富嶽三十六景とは全く違う雰囲気で、庶民的な観点で描かれていました。
53枚が一堂に集まる、しかも初摺版。小さい作品ですが見応えありました。

東海道の地図?
東海道の地図?

右下の端がスタートの日本橋。グニャっと曲がって、ちょっと違う視点で見る地図。
結構貴重な作品が何気に飾られていました。

3階には常設コーナーがあり、葛飾北斎の初期のころから年代順に作品を展示。
タッチパネルによる解説や、北斎漫画を動かしたり北斎クイズがあったりと
大人でも真剣に遊んでしまう仕掛けがありました。

建物には図書館もあり、小さいけどきれいな美術館でした。
近くには北斎通りと名付けられた道もある。

その北斎通りを東に進み、錦糸町に向かう途中に「北斎茶房」がある。
週末やお茶の時間には行列ができる人気ぶり。
途中に小さな公園や川、神社やお寺があり、道路はきれいに整備されて環境は良い。

両国から北斎美術館、北斎通りを通って北斎茶房、錦糸町へと向かえば
コンサートホール「すみだトリフォニー」がある。
途中、東京スカイツリーが激ちかで上から下まで見えるスポットがあり、
歩いてみるとなかなか楽しい。下町の風景も残り面白いところでお勧めです。

[かわいい][かわいい]スイーツ情報[かわいい][かわいい]
  ◆春ぱふぇ(価格:760円)
  ◆お店:北斎茶房 →詳しくは食べログをどうぞ
  ◆住所:東京都墨田区亀沢4-8-5
  ◆電話:03-5610-5331
  ◆営業時間:11:30~22:00
  ◆定休日:火曜日
  ◆であった日:2017/04/下旬

[かわいい][かわいい]美術館情報[かわいい][かわいい]
  ◆すみだ北斎美術館 →HPはこちらです
  ◆入場料:特別展(常設展込):1,000円
  ◆住所:東京都墨田区亀沢2-7-2
  ◆電話:03-5777-8600
  ◆開館時間:9:30~17:30
  ◆休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
  ◆であった日:2017/04/下旬

nice!(7)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 7

コメント 3

ふにゃいの

和パフェ
淡いピンクと緑と小豆色
色合いがもう王道で
大好きな色合いです。
みつ豆みたいで、おいしそう。
北斎茶房っていうんですね。
すみだ北斎美術館は
好きな内容のタイミングで
絶対行こうと思っています^^
by ふにゃいの (2017-05-06 16:49) 

TaekoLovesParis

<解説しよう!>に笑っちゃいました。
生クリームの代わりにあんこ、抹茶アイスのすぐ下だから、ぴったり合いますね。求肥や寒天、最中の皮、、、、あーどれも美味しそう。フルーツがはいってるより、こういうほうが好みです。
すみだトリフォニー、2回行ったことがあるので、あのへんねって見当がつきます。たしかに、いい散歩ができますね。


by TaekoLovesParis (2017-05-07 15:51) 

チョコローズ

皆さま ブログ訪問&nice!ありがとうございます。

◆ふにゃいのさま
北斎美術館はすごく小さな美術館なので、あっという間に観終わってしまいます。
展示品もかなり的が絞られていますし。
その分、お好きな方には貴重な内容かもしれませんね。
常設展示の北斎クイズ!やってみてくださいね。私は待っている人がいて断念しました。
お帰りには北斎茶房もヨロシク!和のスイーツ充実してます。

◆Taekoさま
たぶんとっても美味しかったところを思いだしながら書いていて、
テンション上がったひとことが「解説しよう!」だったかも。
これからもパフェの断面写真はそうしようかな?
すみだトリフォニーから3分くらいかな?
ここ?って感じで、うっかり通り過ぎて隣のお店に入りそうになりました。
お気を付けくださいね。
by チョコローズ (2017-05-07 18:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

[かわいい]  [かわいい]  [かわいい]  [かわいい]  [かわいい]  [かわいい]  [かわいい]  [かわいい]  [かわいい]  [かわいい]  [かわいい]  [かわいい]  [かわいい]  [かわいい]  [かわいい]  [かわいい]  [かわいい]  [かわいい]
当ブログはスイーツ中心に美味しかった、感動した、嬉しかった私の記録です。
他者を否定したり非難したり悪口等は基本記事にしないよう心がけています。
また味覚や感動の度合いには個人差があります
その点についての激しい抗議や反論はご遠慮願います。
過去の記事については掲載当時の情報で、店舗の閉鎖や商品の変更について
最終的な現状を把握しておりません。あくまでも個人の記録です
当ブログに掲載されている画像などの著作権はチョコローズのものです。
無断での複製・転載・転用・二次使用は固く禁じます。

[かわいい]  [かわいい]  [かわいい]  [かわいい]  [かわいい]  [かわいい]  [かわいい]  [かわいい]  [かわいい]  [かわいい]  [かわいい]  [かわいい]  [かわいい]  [かわいい]  [かわいい]  [かわいい]  [かわいい]  [かわいい]